こんになお得がいっぱいのタイ免許ですが皆さま持っておられますか、

年々取得が難しくなっていますよ。

1.パスポートの代わりに身分証(ID)として使える

・インドネシア
・ブルネイ
・マレーシア
・シンガポール
・フィリピン
・ベトナム
・ラオス
・カンボジア
・ミャンマー

以前にタイの免許証についてブログに記載させていただきましたが、忍者だと特典といいますか、忍者を選んで良かったといってもらえる理由があります。

まずこちらに来て皆さんが欲しがるのは、普通免許よりもバイクの免許です。

もうご存知かもしれませんが、日本の原付制度がタイにはありませんので、パタヤでバイクを乗りたいならば、自動二輪の国際免許かタイのバイク免許が必要です。

自動二輪を持っていないという方でもタイでは新規で免許取得が可能です。

ただ新規で申込ますと実技、筆記共に講習を受けなくてはなりません。

そんな悠長に講習なんて受けてられないよで、この講習を免除するために、まず普通車の国際免許をタイの免許に書換してしまいます。

それが終われば同日にタイの普通免許と書類でバイクの新規試験申込をします。

この手順で行くと普通車の際に講習を受けているとみなされて、講習が免除になります。

先週時点では申し込んだ次の日に受験が可能でした、バイク免許が新規でも最短で2日で取得できるというわけです。

時期によって受験まで日よ要すこともあります。
忍者ではお客様がパタヤ滞在中にバイクの試験が受けれない時は、自動車の書換飲みの料金をいただきまして、次回は差額で再度バイク試験を受けていただけます。

新規のテストで問題なのは5択の問題が50問出て45点が合格ラインの筆記試験です。

何が問題って、日本語で問題は出題されるのですが、翻訳が間違っているのです。

だから正解が間違い、間違いが正解なことがあるのです。

これだから日本人の合格率が低いこと。

しかーし忍者の合格率は高いです!平均試験1回~2回で合格されています(‘ω’)ノ

それはなぜかって?!

それは落ちまくった弊社の不動産担当が同じような目に他の日本人が合わないように、自分や更に落ちまくったリタイアメントのおじ様、お客様から情報収集をし、その情報をもとに実技試験対策と筆記試験対策の講習をご希望で受けれるようにしたからです。

これが無かったらどうやって受かるの??といってくださるくらい好評です。

合格したいなら絶対へいしゃ忍者です!!!

またお友達とお申込みいただいたら…

銀行口座開設を同時にお申込みいただいたら…など

皆さんが気軽にお得に利用していただけるような特典もご用意していますので、8月のお盆シーズンに入ります、ぜひお皆さまお誘いあわせのうえお申し込みお願いします。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村