忍者 佐藤 SODA です。

 

皆さんご無沙汰です。

いろいろありラオスから帰ってきました!

タイのコンビニで売っているミネラルウオーター約10B。ラオスは約20B。(/ω\)

おいしい、というタイに売っているジュース約20~25B。ラオスは約50B。

物価がタイに比べて高すぎました。

これはラオスの人は暮らしにくいでしょうというのが

僕の感想です。

あとはタイだと車はほとんど日本車なんですがラオスはほとんど韓国車や中国車です。

日本の車は性能はいいが高いとのことでお金を持っている人たちじゃないと買えないそうです。

 

今僕はタイにいますが、日本の方でタイの免許証習得をする人が多くなっております。

タイにいてタイの免許を取得するとどんなリミットがあるが僕の意見を書かしていただこうかと思います。

 

1.パスポートの代わりに身分証明書(ID)としてつかえる

 

 2.観光地の入場料金が割引になる

 

 3.タイ以外のASEAN諸国でも使える

 

 4.日本の免許に取り換えることができる

( ..)φメモメモ

 

僕が実際にタイの運転免許証を取得して、最も便利に感じているのが身分証(ID)として使える点です。

タイでは身分証の携帯が義務付けられていて、我々外国人は (私はタイ人ですが。(笑))

パスポートを常に持ち歩く必要があります。そして、病院や銀行、ホテルのチェックイン時など様々な場面で提示を求められます。実際には盗難の危険があるのでコピーを持ち歩く人が多いのですが、

たまに原本の提示を求められることも。パスポートってそれなりの大きさがあるので、

財布にも入らないし、持ち歩くのが面倒ですよね。

一方、タイの運転免許証はカードサイズで持ち歩きに便利。

タイの観光地の入場料には、タイ人価格と外国人価格なるものが存在します。

そして、タイ人価格に比べて外国人価格はとても高く設定されています。

ところが、外国人であってもチケット売り場でタイの運転免許証を提示するとタイ人価格で入場できることもあるんです。

これは場合によりけりで、全ての観光地で割引になるわけではないのですが、もしタイ人価格で入場できたらお得ですよね?

僕もこれで市内観光するときは受付にちょこっと出して安くしてもらってます。(^_-)-☆

 

タイの地方都市や島に旅行に出かけた場合、重宝するのがレンタルバイクです。場所にもよりますが一日当たり150バーツから300バーツ程度で借りられ、自由に動き回れるのでとても便利。このレンタルバイク、実際はタイのバイクの免許を持っていなくても、パスポートか数千バーツの現金を預ければ借りることができてしまいます。

(忍者では日本の方だけデポジットはありません)

もちろん免許なしで運転すれば違法ですし、パスポートや多額の現金を預けてしまうことには抵抗があります。タイでは車とバイクの免許は別で二枚に分かれているので、もし車とバイクの免許証を両方持っていれば、

車の免許証を預けることでバイクを借りられますよ。このようにレンタルバイクを利用予定の方は、

車とバイクの免許二枚持ちがおすすめです。
レンタルバイクは便利な反面、事故も多い乗り物です。利用する際には十分すぎるほど注意しましょう。($・・)/~~~

 

タイの運転免許証はASEAN協定加盟国でも有効です。タイに住んでいると周辺諸国へ旅行に行く機会もありますし、

ありがたいです。加盟国はこちら。
・インドネシア
・ブルネイ
・マレーシア
・シンガポール
・フィリピン
・ベトナム
・ラオス
・カンボジア
・ミャンマー

 

有効期限内のタイの運転免許証を持っていれば、日本の運転免許証に切り替えることができますよ。

もし、日本の免許証の更新を忘れていて失効してしまった場合の保険になります。

 

とゆう感じになります。タイの免許証取ったらタイに住みたくなっちゃうかも??(/ω\)

 

タイ免許を習得したい方は是非NINJAまでご連絡相談してください。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村