タイ好きのH.I.S.SNSフォロワーを対象に「バンコクに行ったら必ず食べたいお勧めグルメ」と、「そのグルメが食べられるお勧めレストラン」を事前アンケートが行われて下記のような結果がでたそうです。

今回はランキングと「そのグルメが食べられるお勧めレストラン」はパタヤのお勧めレストランに置き換えてご紹介いたします。

 

第1位 プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)

パタヤお勧めレストラン:プーペン シーフードレストラン[ Pupen Seafood ]

プーパッポンカリーとは「蟹のカレー炒め」のこと。濃厚な蟹の旨みと、卵、甘めのカレーソースが良く混ざり合い、絶妙なハーモニーを味わえます。ご飯との相性も抜群です。ちなみに蟹の殻を取って調理されたものは「ヌアプーパッポンカリー」といいます。

 

第2位 カオマンガイ(茹で鶏肉ご飯)
パタヤお勧めレストラン:Soi ブッカーオとサウスパタヤロードの交差点にある屋台

「カオマンガイ」とは、茹でた鶏肉を、その煮汁で炊いたご飯の上にのせ、特製ソースをかけて食べる料理です。「カオ」はご飯、「マン」は油、「ガイ」は鶏肉を指します。さっぱりとした鶏肉はふんわりと柔らかく、ソースがよく絡まり、ご飯が進む一品です

 

第3位 ガパオ(挽肉炒めのぶっかけご飯)

パタヤお勧めレストラン:Soiブッカオの名無し食堂/セカンドロードSoi9の屋台村

挽肉をナンプラーとオイスターソースと共に炒めた料理で、ご飯にかけて食べます。ガパオに目玉焼きがのったものを「ガパオムーカイダーオ」といいます。目玉焼きを一緒に食べることで、辛さが少しマイルドになります

 

第4位 ソムタム(パパイヤサラダ)

パタヤお勧めレストラン:ソムタムプーマー

ソムタムとはパパイヤサラダのこと。熟していない青いパパイヤを使っており、パパイヤのシャキシャキっとした食感が味わえます。ライムのすっぱさ、唐辛子の辛さ、塩のしょっぱさがうまくミックスしており、絶妙のバランスです。

 

第5位 パッタイ(焼きそば)
パタヤお勧めレストラン:毎週月曜と金曜の昼の12時からパタヤシティーホスピタルの前に現れる屋台

タイで作られる焼きそば「パッタイ」。「パッ」は炒める、「タイ」は国名のタイです。辛い料理が多いタイですが、パッタイは全く辛くありません。米粉で出来た麺で作られます。海老やにんにく、もやし、ピーナッツなどが入っています。

ランキングはまだまだ続きます。

詳しく知りたい方はココをクリックして下さい。

ついでに↓もクリックお願いします。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村